SSブログ
絶賛連載中のブログ小説です
 プロローグ  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話  第7話  第8話  第9話  第10話
 第11話  第12話  第13話  第14話

翼 -TSUBASA- 第14話 [翼 -TSUBASA-]

遅くなりましたー><; 翼 第14話です

前回は、ルカの真実に迫るような1文がありましたが
どうなんでしょうか?
智明もやっと走れるようになって、これからが楽しいところです

っていうか、恋愛小説難しいですorz; 


ちなみに、翼は毎回 400字詰め原稿用紙で5~8枚くらいです
ワードを、20×20の縦書きに設定して執筆します

大抵は7枚になりますね(^_^;)
5枚にまとめるなんて、終盤に来たら無理です!
書くこといっぱいだもんっ><

でも、9枚以上にすると
PC画面で読むには長すぎる と思ったので8枚まで
目が痛くなっちゃうし(゜ーÅ)

今回は6枚でした

ではでは、翼 をお楽しみ下さい






  翼 -TSUBASA- いままでの話
  プロローグ 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話






翼 -TSUBASA-  第14話





 午前5時30分。目覚ましが鳴った。
 腕だけを伸ばして、スイッチを切る。
 かなり眠い。
 早朝ジョギングをしようと思って設定しておいた目覚ましに、少しだけイラついた。昨日の夜は、ルカの事を考えていて、なかなか寝付けなかった。
 当然、寝不足だ。
 しかも、散々考えたけど、結論的には不明。
 自称天使であること。
 背中に翼が生えていること。
 女であること。
 それから、時々消えたりすること。
 後は、ルカという名前だけ。
 最後に会った時には、幸せか? と突然聞かれて。何が言いたかったのかは分からなかった。
 重たい瞼をこじ開けて、俺はベッドから降りた。
 ジョギング用のジャージが床の上に置いてある。せっかく走る許可をもらったが、袖を通す気分じゃない。
 ベッドの脇には、母さんに見せてもらった紙切れが1枚。バス旅行の名簿だ。参加者の名前だけが印刷されていて、当たり前だが、詳しい住所や電話番号は載っていない。
 月見里瑠夏(やまなしるか)。
 これだけじゃ、何も分からない。旅行社に問い合わせたって、どうせ個人情報とか理由つけられて、教えてはもらえないに決まっている。
 結局、行き詰まりだ。
 三浦さんはアメリカに行っちまったし。いたって聞けるわけねぇけど。元カノは、月見里瑠夏(やまなしるか)って名前ですか? なんて。
 そもそも、そんな事聞いてどうするつもりなんだ。
「何やってんだ……俺……」
 急に全てがどうでも良くなって、俺はベッドに体を投げ出した。
 ルカが誰かなんて知る必要ない。あいつは、天使なんだ。そう、言ってただろ。翼だって生えてる。だから人間じゃない。
 じゃあ、俺は、天使にキスをしたのか?
 いや、そうじゃない。そういう事じゃねぇ!
 あいつが、何の為に俺の前に現れたのか。俺はそれが知りたい。
 守護天使だと名乗ってまで。もっともらしく翼まで取り付けて。天使なんて、空想の存在でしか有りえねぇのに。
 どうして、人間のままで俺に会いに来ない?
 まさか、本当に天使でもあるまいし。
 けど……。
 夕日に照らされて、透明な涙を零したあの時のルカは、天使だと信じたくなるほど澄んだ瞳をしていた。
 女の涙は苦手なはずなのに。
 ――ドクンっ
 まただ。心臓が締め付けられる。
 ルカが泣いたのは、俺のせいだから? 俺があいつを泣かせたから?
「……くっそっ!」
 俺は、ルカの泣き顔を掻き消すように、ギュっと瞼を閉じた。



 「やっべぇ! 遅刻じゃねぇかよっ!!」
  銀フレームの壁掛け時計を見上げて、俺は叫んだ。一瞬目を疑ったが、確かに針は、7時50分辺りを進行していた。
 急いで制服に着替えた俺は、ボタンを留めるのももどかしく、鞄とネクタイを引っ掴んで部屋を飛び出す。
 せっかく早起きしたのに、結局2度寝しちまったらしい。
 目が覚めた時には、カーテンの隙間から明かりが差し込んでいて、時間が経過していた事を告げていた。
 転びそうになるのを何とか堪えて、階段を駆け下りる。
「智くん? 今日は遅いのね? 朝食出来てるわよ?」
「いらねぇ!」
 朝食を取ってる時間なんか、あるわけない。
「えぇ! もう行くの? あ、待って。智くん。今度の日曜日、予定を空けといて欲しいの?」
「あ~?」
 靴を履きながら聞き返す。
「日曜日。足が治ったみたいだから、お出かけしたいのよ」
「買い物なら美郷と行って来いよ。俺はパス」
「違うのよ。美郷ちゃんも行くけど――あ、智くん!」
 ゆっくり話を聞いている暇はない!
 俺は、呼び止める母さんの声を無視して玄関を出た。
 走ろうとして、立ち止まる。
 そういえば、もう、バスで通学しなくてもいいんだった。
 俺は、再び玄関に戻って小さな鈴の付いた鍵を引っ掴んだ。駐車場の奥にある銀色の自転車に、それを差し込む。
「ギリギリだな」
 気合いを入れてハンドルの握ると、今の俺に出来得る限りの力でペダルをこぎ始めた。





<つづく>



nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 7

セイバー

るぴさんこんばんわ~(*'∇')/更新お疲れ様m(._.)mルカの事で悩み考える智明のシーンで智明の
心境とかも伝わってきて少し違うけど自分にも似た
ような状況があったからすごく集中してあと共感
しながら読んでいたですよ^^最後の終わり方も
また気になって続きが楽しみ(*'∇')それにしても
お母さんが言いかけた部分がすごく気になる...
by セイバー (2010-05-31 19:15) 

TSO

智明君、走れるようになってうれしくて早朝ランニングかー、っと思ったら、2度寝しちゃいましたか(^^;
ルカが気になりますもんねえ。
お母さん、どこへつれていこうと?まさか・・

原稿用紙枚数はちらっと気になったけど、まだ数えたことないですねー。ちなみにワタシはメモ帳というかテキストエディタで執筆してます。1話は切のいいところ優先で、スクロールの具合を判断にアバウトです。アクセスログ見ると携帯で見てる人もいるみたいだから気にはしてます。
by TSO (2010-05-31 20:30) 

りるる

どっきどっき(*ノノ)
こういう思いというか自問自答とか
あるあるー!なんて思いながら…
(さ…さすがに正体不明の人ではないがw)
続きがどうなるのかなと またまた気になって
しまいまそたよvvv
どんな展開がまちうけているのだろうか!!
たのしみにしています(^-^)ノ
by りるる (2010-06-01 09:52) 

ルピナス

セイバーさん☆
気になることがあると、考えがグルグルしてまとまらない事ってあるよね
おおw そんなに共感してもらえるなんて! めっちゃ嬉しい(≧∇≦)
ルカの事ばかり考える智明くんですが、一応、足が治ったのを喜んではいるんだけどねw
お母様は天然キャラで描いてるつもりなんだけど、登場が少なすぎてわかんない
どんな展開になるかは秘密です~w
読んでくれてありがとう!

TSOさん☆
せっかくの早朝ランニングがw 恋する男の子は繊細なのですね。2度寝しただけだけどww
お母様の言葉にみんなの注目が集まっていて、私は緊張していますw(゜▽゜;) ハードルが上がってる気がするのは気のせいか
テキスト執筆なのですね(´∀`) あまり枚数を気にしすぎても話しがおかしくなりますしね~
長めに書いて分割するのが一番いい方法なのかもしれないですが
携帯での閲覧者がけっこういるみたいなので、やっぱ文字数は気になるところですね

りるたん☆
やほやほ(*'-')ノ
男の子の恋心は複雑ですw 悶々してる姿は萌えだけど、描くのは難しいよぉ~(^_^;)
エンディングに向かって激走するので、また読んでくださいな
ではは~(*´Д`*)ノシ

by ルピナス (2010-06-01 14:53) 

K-STYLE

こんばんにゃ(・∀・)
ふっかつかっぱですにゃ~。
さっそくブログまわりを開始・・・
ジャンヌに翼と、執筆おつかれさまでしたにゃ~。
5時半起きは眠いにゃ~(´ρ`)ZZZ
それにしても智くんは、もうルカちゃんの事で頭がいっぱいの様子(゜ΨΨ゜*)ししし
すっかり恋する男の子にゃ~。

お母さんが言うお出かけ先とは・・・はて?
毎度のことながら、次回が気になる絶妙な引きですにゃ・・・
月見里(やまなし)さんとゆうお名前にも何か秘密があったりなかったり(゜ω゜)?

気になりゅ(゜Д゜)
by K-STYLE (2010-06-01 20:36) 

ルピナス

こにゃにゃ~(´∀`)ノ
ふっかつおめでとう~(≧∇≦)♪ 元気になってうれしい~
のんびり、のほほんなかっぱちゃんワールドを展開してください

5時半とかどんだけ嬉しかったんだろうねw でも、ルカのことばっかり考えているので、それどこじゃ・・・
これを読んでくれてる皆は勘がするどくて作者泣かせですw ママさんの真意は・・・ナイショですよw
月見里という苗字はね
実は、あまりに珍しかったので使ってみたかっただけ とかwww
どうしよう(゜▽゜;) 秘密を作ってみようか?w いあ、無理か
期待に応えられる様、次回も頑張りまーすw

by ルピナス (2010-06-03 15:41) 

サトル

毎回原稿用紙5~8枚にもなるのですか!!
自分は学生時代、作文用紙1枚書くにも苦戦してたので、すっごくのですっ><
智明くん、足治ったのですね!!
よかったのです^^
ルカちゃんの正体にも迫ってきたですね。
気になる、気になるですww
ではは、続きも楽しみにしてまーす^-^
by サトル (2010-06-11 01:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。