SSブログ
絶賛連載中のブログ小説です
 プロローグ  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話  第7話  第8話  第9話  第10話
 第11話  第12話  第13話  第14話

翼 -TSUBASA- 第13話 [翼 -TSUBASA-]

第13話書き上げました
翼もいよいよ後半戦突入しました(´ー`)
前回は、智明がまさかの大暴走w
作者もびっくりでしたよ(ーー;)

今回はそんな智明くんのもやもやした感じから入ります
頭ん中は、やっぱりルカのことでいっぱいかな


そろそろルカの謎にも迫ります(´∀`)

それでは、楽しんでいただけたら幸いです





  翼 -TSUBASA- いままでの話
  プロローグ 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話




翼 -TSUBASA-  第13話





 キスをした……って言えるだろうか。
 相手の同意もなく、俺の勝手が成した行為。押し倒したつもりはないが、少なくともルカを泣かせたのは、俺だ。
 涙をこぼしながら消えたルカは、悲しいとかじゃなく、酷く怒っていた。未だに痛む頬が、それを物語っていて、俺は後悔の念にどっぷりとりつかれていた。
「――んだよ。だから……って、おーい。白上? 聞いてる? 俺の話」
「あ? ああ、わりぃ」
「どうした? 大丈夫か? 調子悪いなら保健室行ってみれば?」
「いや……そういうんじゃねぇから……」
 心配そうに顔を覗くようにする棚橋は、俺の前の席に、後ろ向きで座っていた。
「ムリすんなよ? んで、さっきの話だけど、どう?」
「話? ……ってなんだっけ?」
 まったく聞いていなかった。
「だから、体育祭での応援団長の話だよ。俺が今んとこ団長だけど、やる気があるなら団長2人体制、ってのでどうかって話」
「ああ、団長ね……」
 棚橋は、俺を応援団長に仕立て上げようと熱心だった。応援や最後のフォークダンス以外に参加種目のない俺を、どうにかして団長へ引っ張りあげたい腹積もりらしいが、俺にその気はない。
 何度も断っているが、爽やかさとは裏腹に、意外と執念深い性質らしい。
「練習は、せめて1回は参加してもらわないと困るけど、お前なら1回で十分だよな。後は、俺が適当に打ち合わせしとくし」
「いや、だからさ。団長は勘弁してくれよ。そういうの、性に合わないんだよ」
 似たような台詞を何度も言ってる気がするのは、気のせいじゃない。それに、今の俺はそんな気分じゃない。
「スカッとするよ、大声で叫べばさ。結構、楽しいんだけどなぁ。ま、気が変わったら声かけてくれよな。絶対だぞ!」
 力強く何度もを念押しすると、棚橋は自分の席に戻った。
 何度言われても、答えは否だ。
 もう直ぐ昼休みが終わる。放課後になれば、また帰宅部のように颯爽と帰路に着く。
「……リハビリ、あったな」
 そういえば、と思いついて呟いた。
 事故にあってから、2ヶ月が経とうとしていた。



「ん~……そろそろ、走ってもいいかなぁ」
「えっ?」
 すました顔で足のレントゲン写真を見ていた先生が言った。
「そうだなぁ……どうするかぁ」
 曖昧な言い方にイラッとする。
「まだ、ダメですか?」
 走りたい。テニスがしたい。だから、YESといってくれ。
「……うん、いいだろう」
「本当ですか!?」
 思わず身を乗り出した。傍にいた看護師さんが、くすくす笑いだした。
「ただし、リハビリにはもう暫く通うこと。当然だけど無理はしない事。それから、少しでも違和感を感じたら、すぐに診察に来なさい」
「はい!」
 リハビリでも何でも通うくらい大したことはない。やっと、思う存分走れるぜ。
 良し、と言って診断書をファイルに閉じると、おつかいをこなした子供を見るような目で、先生は俺に笑いかけた。
「智明くん、じゃあ、こっちへ」
 廊下から手招きしていた秋山先生に従って、俺はリハビリルームへと移動した。なんだか、急に足が軽くなったようだ。
 最初は、必ず電気治療からだ。
「良かったね、智明くん。走れるようになって。すごい頑張ってたもんな」
 流す電気の量を調節しながら、秋山先生は自分の事のように喜ぶ。年上とは思えない程くったくのない笑顔を向けられたが、上手い言葉は出てこないので、とりあえず頷いた。
「だけど、本当に早かったよ。事故の時のレントゲンも見せてもらったけど、完治は不可能だって思ったからね」
 そんなに、俺の状態は悪かったのか。確かに、意識が回復したのだって奇跡だって言われてたなぁ。
 どんな事故だったんだろう? 当時の事を思い出そうとすると、俺の記憶は曖昧だった。
 母さんと妹の美郷と俺。有休の取れなかった親父を残して、家族でバスツアーに参加した。乗り物酔いの激しい美郷のために、運転席に近い座席を陣取って、俺は……寝ていたな。
 母さんの強引な進行で参加させられたから、ずっと窓際の席で寝ていたんだ。だから、覚えてないんだ。
 俺の記憶にあるのは……
 ものすごい衝撃音と振動、それに俺を起す母さんの声。
 それから――
『危ないっ! 母さんっ!』
 誰かの叫び声。
 女?
 目の前には、誰かを庇おうとする女の姿。
 白いTシャツに、古着みたいなジーンズ。
 次の瞬間、短い真っ黒な髪が一瞬にして近づいたかと思うと、俺の手が、女と女が庇っていた人を突き飛ばした。
 ルカ?
「え? 何? 智明くん」
 気付けば、キョトンとした顔の秋山先生が覗き込んでいた。
「あ、いえ、何でも……ないです」
「そう?」
 先生は、電気コードを片付けていた。
 俺は、手の平で顔を覆って俯いた。
 なんだよ、今の? 事故の記憶? 
 誰かを必死に庇おうとしていた女の姿は、ルカに似ていた。
 まさか、そんな事あるわけねぇ。
 それに記憶は曖昧だし、あいつは天使のはずだろ?
 再び記憶を掘り起こそうとしても、映像は、どんどん薄くぼやけていくばかりだった。
 分からない。どういう事だ?
 その日、リハビリを終えた俺は、事故にあったバス旅行の参加者名簿がないか、駄目もとで母さんに尋ねてみた。
 あるわよ、と不思議そうな母さんに渡された紙切れには、ルカと読める名前が1人だけ記載されていた。
 月見里瑠夏――ヤマナシルカ。
 俺の知ってるルカと同一人物だろうか?
 名前をなぞりながら思い出したルカは、透明な宝石をこぼしながら俺の前に仁王立ちしている姿だった。






nice!(12)  コメント(6) 

nice! 12

コメント 6

K-STYLE

こにゃにゃ(・◇・)/
ふ、ふぉお(゜◇゜)!!
な、なにやら物語の核心に迫ってきた感じの展開!
智くんの事故の記憶と、謎だったプロローグ、そしてルカちゃんと瑠夏さん(?)・・・な、なにがどうなっているやら~
電気きゃ!?電気を流すと思い出すのきゃっ!
せんせい、智くんにもっと電気を~
ビビビビビヽ(゜∀゜)ひひひ

いよいよドキドキな感じ。
ラストが近いとゆう事だけど、いったいどんな結末が待っているのか・・・
期待しているにゃ~(・∀・)
執筆おつかれさまにゃ~。
by K-STYLE (2010-05-12 14:02) 

りるる

小説の執筆お疲れ様です♪
続きがトキワク♪♪♪

るぴちゃんGWのお疲れはとれたかな?
私はこれといって遠出とかしなかったけど
掃除中心の生活してたら…疲れました(苦笑
お互いムリしないようマッタリ生きましょう(><*)

るぴちゃんの小説がまとまってがっつり
本みたくなって贈られてくる夢をみました(ハァハァ
正夢っすかね?wwwこっそり期待しておこう!
それと拍手のメッセは…?w
オレはなんでも食えるぜ!!!!
むしろ…るぴちゃんが送られてこないかと
淡い期待をしてみr(*ノノ)うはははv
by りるる (2010-05-13 11:00) 

ルピナス

かっぱちゃん☆
こにゃにゃ~ん(*´Д`*)ノ
後半戦だよーw そろそろルカの正体も明かさないとなぁ
Σ(゜Д゜)電流を?許可するっwww 流してしまえw
ビビビビビ・・・生きてるかしら?(゜▽゜;)
もうラストに向かって私の頭はぐちゃぐちゃですw
がんばりまーす(*'-')ノ

りるたん☆
やほっほ~(*´Д`*)ノ
主婦はお掃除が疲れるねw こう簡単に1枚ぺりっと剥がれる家とかないのかしらw
マッタリが一番なのだ(´∀`)b
おおおw 何故に分かったのだ?w 予知夢きゃ?www
もうなんでも食えるのきゃ(´∀`) なににしよっかなぁ~。あ、生ケーキは贈れないじょ;
土台だけ送るからクリームをセルフとかw
私にリボンを結べばいいのね?w(←こわいww

by ルピナス (2010-05-13 17:16) 

セイバー

るぴさんこんばんわ(*'∇')/更新お疲れ様です
m(._.)mいよいよクライマックスに近づいてきて
智明くんも走る許可が出るくらい良くなって本当に
よかった::それにしても最後の終わり方が気になる...ルカと瑠夏は同一人物なのか...?もしそうだったらいろいろとまだ分からない部分も多くて次の
話が待ちきれないです(*'∇')♪
by セイバー (2010-05-13 19:28) 

TSO

ルカの秘密に触れようとし始めている、なんか緊迫感が・・・
あの事故、誰も死んでないんですよね?あれ?そうだっけ?うわわ・・
とりあえず智明くん、走る許可が出てよかったですネ。
by TSO (2010-05-15 00:26) 

ルピナス

セイバーさん☆
こにゃにゃ~(´∀`)ノ
いよいよ後半だにょ
このラストに向かっていくお話しが一番大事だと思うデス
丁寧に、でも核心に迫ったドキドキするお話しを書きたいと思うです~
ルカと智明を見守ってね

TSOさん☆
読んでくれてありがとうです~(*'-')ノ
うふふ(´∀`) ルカは天使なのか人間なのか?っていう核心に迫ります!
智明はやっと走れるのでウキウキのはずなんですがね、ルカの事で頭はいっぱいです
続きは帰ってきてからになりまーす(*^-^*)

by ルピナス (2010-05-15 11:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。