SSブログ
絶賛連載中のブログ小説です
 プロローグ  第1話  第2話  第3話  第4話  第5話  第6話  第7話  第8話  第9話  第10話
 第11話  第12話  第13話  第14話

翼 -TSUBASA- 第1話 [翼 -TSUBASA-]

突然の思いつきで始めたブログ小説 「翼」 です

ジャンルとしては 現代ファンタジーになるのかな?

現代モノを書くのは、実はあまりないでs (いつもありえない世界の妄想バクレツw)

構成とかゼンゼン練り上げていない状態での 書き出しだったので

自分でもどうなる事やら(゜▽゜;)


ではでは、続きをお楽しみくださーーーい^^w


 


 翼 -TSUBASA- いままでのお話
  プロローグ




翼 -TSUBASA-  第1話



 空は澄んだ青。久しぶりに登校した俺の気持ちを表してるかのような快晴だ。
 季節は、クソ暑い夏が終わって、これから涼しく快適な秋がやってくる。
 それでもまだ、窓際の俺の席は最後の足掻きとでもいうべき太陽光が容赦なく射し込んでくる。
「おいっ、智明(ともあき)。もう、怪我は大丈夫なのか?」
 昼休みになった途端に、隣のクラスからやってきた高校生にしては厳つい顔つきのこいつは、俺の親友で幼馴染。
 幼稚園から一緒だ。
「ああ、まあな」
「完治したのかよ? 部活は出来るのか? それにしても災難だったよなぁ・・・・・・でも生きてるんだから不幸中の幸いか」
 人の不幸を笑いの種にするのが学生の定石なのに、律儀に俺のケガの具合を心配するのは、こいつ、影沼弘幸(かげぬまひろゆき)のいいところだと、俺も素直に認めている。
「テニスはしばらくムリだな。リハビリにも通わないといけねぇし。日常生活には問題ねぇとか言われたけど」
「リハビリかぁ・・・・・・」
 勝手に俺の前の席に座って、影沼は思案顔になった。
「白上(しらがみ)くん」
「あ?」
 振り返ると、購買の紙袋を抱えた女子が、少し距離を取る様にこっちを見てた。
「あの・・・・・・井上先生が、その、話があるから職員室まで来るようにって・・・・・・」
 その怯え方は過剰じゃねぇか。
「ああ、そ」
 俺が返事をしたのを確認すると彼女は、睨んだわけでもねぇのに、数人の女子とお互いを庇い合うようにしてそそくさと教室を出て行った。
「おまえさぁ。もうちょっと普通にできないの?」
 影沼が溜息まじりに言う。
「なんだよ、普通って」
「だからさ、笑うとか。それがダメなら、ありがとうとかさ。怯えてたじゃん」
「はぁ? そんなの向こうが勝手にやってるだけだろっ。つーか、笑うって何だよ」
 そんなことできるかっ。俺が何かしたわけでもねぇのに。
 俺が職員室に行く為に立ち上がると、影沼は 「また、放課後に」 と言って自分の教室に帰っていった。
 廊下は、これから昼飯を食べようとする生徒達でざわついていた。
 職員室は北校舎の2階にある。南校舎の3階にある俺の教室からは少し離れている。
 井上は、俺の担任で、神経質なくらい生徒の心配をする教師だ。それを鬱陶しがって反抗する生徒もいるが、それがかえって井上の責任感に火をつけているのは分からないらしい。
 その井上が俺を呼び出す理由は、だいたい検討がついた。
 夏休みに入った途端、家族で行った旅行先で俺達は事故にあった。家族は皆軽傷で、俺だけが1週間意識不明の重態だった。意識が回復して起き上がれるようになると、命を取り留めたのが不思議なくらいだったと医者に言われた。親父は、ゴキブリ並みの生命力だと言って笑ったが、お袋は、何も言わずにずっと泣いたままだった。
 いつも生意気な妹でさえ、泣き崩れるしまつだった。
 俺としては、記憶が事故の直後で止まっていて痛みも感じていなかったから、その時は何が起こったのかさっぱりだった。いきなり目の前で家族が泣いたり喜んだりしているのを見せられて、正直困惑したし。
 その後、家族と医者から説明をうけて、包帯やらギプスやらで固めてあった俺の体を見て状況を把握したんだ。
 まだ、夏休みに入ったばかりだったのに。俺の夏は、意気込んでいたような幸せをゲットできずに、むしろ悲惨な思い出と傷跡を残して終わった。
「白上、こっちだ」
 昼休みモードな職員室に入ろうとすると、後ろから井上に声をかけられた。
 井上は小脇に教科書らしきものを抱えて俺を手招きしてた。174センチある俺を上から見下ろす井上はひょろりとしていて、見た目からは想像できないが運動神経はいい。
 案内されたのは、印刷室。といっても、普通の教室にただコピー機や印刷機を沢山並べただけの部屋だ。
「お前、レポートを書いてこい」
「は?」
 井上の話はいつも唐突すぎる。
「夏休みの宿題は免除にしてやる。他の教科の先生達にも許可はとってあるから、レポートを原稿用紙で最低20枚書け」
「20枚?!」
 貴重な夏休みは、一週間前に終わってしまっていた。ずっと入院してたわけじゃないけど、殆んどをベッドの上で過ごしてすげぇ退屈だった。
 それにしても20枚は多すぎだろ?! それなら普通に夏休みの宿題を終わらせた方が楽だぜ。
「期限は9月中だ。なんでもいいぞ、本の感想文でも事故についての作文でも、会計学についてでも」
 会計学なんてぜってー書かねぇ! にやついてんじゃねぇよ、井上。
「それから、部活はしばらく休め。医者の許可が下りたら試合にも出してやる。それまでは大人しくリハビリに専念しろ、いいな」
 井上は、担任であると同時に俺が所属するテニス部の顧問でもある。
「・・・・・・わかりました」
「それだけだ。戻っていいぞ」
 井上に印刷室を追い出されて俺の足は教室へと向かった。
 怪我の心配じゃないのか。てっきり、しつこいくらいに追求されると思ってたのに。ちょっと拍子抜けだ。
 別に心配してほしかったわけじゃない。鬱陶しいことを覚悟してたのに、案外あっさりしてたと思っただけだ。
「どうやって書くんだよ、レポートって」
 溜息をつきながら、俺はすり変わった宿題の内容にげんなりしていた。



第2話
 


 

 
タグ:小説 第1話
nice!(9)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 7

K-STYLE

わあぁ(´Д`*)いよいよ連載開始なのです~。
智明くん、ちょっぴりラフな感じの男の子にゃ。ぶっきらぼうな感じがステキ(^O^)かっぱの所のユウくんとお友だちになってほしいにょ(´Д`)
先日のプロローグとの関係も興味津々(゜ロ゜)な感じなのです。
るぴさんの文章力は相変わらずスゴくて、かっぱは自分の表現の稚拙さに意気消沈にょ(;o;)おんなじ現代モノ、とゆう事で、一緒に頑張りましょうにゃ\(^-^)/
by K-STYLE (2009-08-25 11:27) 

瀬羅

こんばんはルピナス様

おおー今回は1話からみることができそうで
嬉しいぬ☆
智明くんのちょっぴりクールって感じが
すごくキュンとしてしまいますw
20枚のレポートが見物ですねぇー
『どうするんだろう、どうするんだろう?』
とウキウキですv

頑張ってくださいね。
僕もそろそろ書かなきゃ(・ω・)ノ
by 瀬羅 (2009-08-25 18:03) 

セイバー

るぴさんこんばんわ(*'∇')/こないだの続きがアップされてる!
今回のは学園が舞台?で主人公智明くんはすごい事故にあった
ようなのに無事でいてこないだのプロローグが何か関係してるの
かな~とか想像しながら読んでいたです^^途中に出てきた女子も
今後何かかかわってきそうな予感も勝手にしていて楽しみ(*'∇')
ジャンヌの方や他の小説も書いていて大変かもだけど今回の翼も
これからも応援していくですよ^^
by セイバー (2009-08-25 19:52) 

satoru

小説がまったく書けない自分からしてみると
こんなすごい文章がかけて、すっごーいって思いますです^-^
智明くんのぶっきら棒な感じとかすごく伝わってきますね!!
印刷室と聞いてちょっと懐かしくなりました。
自分の通ってた高校にもそんな部屋があったので^^
それにしてもレポート20枚は大変そうですね・・・。
3枚の読書感想文で苦戦する自分には到底無理です~><
by satoru (2009-08-26 01:01) 

りるる

うわーーいつの間にかいてたんだーって
脳内でツッコミが ルピちゃん凄すぎす(*ノノ)
現代モノとか学園とかいいよねいいよねvvv
まだ はじまったばかりで なにどうなるのって感じが
たまらなく好きです ワクワクするぅ♪
とりあえずレポ20枚がんば!と応援してしまった☆

絵がうにうにーってしてるから
私も小説でも書こうかって仕事しながら脳内で
話をおおざっぱにつくってたら変な話になったor2
ルピちゃんやかっぱさんみたくできないじぇぇええ(><)
by りるる (2009-08-26 09:44) 

ルピナス

かっぱちゃん☆
いよいよなのです~(*´Д`*)w
女の子主人公にするつもりが何故か男の子にwwはれwww
ユウくんのお友達とは光栄です(*'-')w コミュニケーション下手ですがw
かっぱちゃんほど執筆が早くないのですが(;´ρ`)
頑張って連載しまーーす♪
一緒に頑張りましょ!


瀬羅さま☆
今回は現代ものでなるべく読みやすくをテーマに書いてみようと思います
よければ最後までお付き合い下さい~w
智明は、クールですか?w(゜▽゜;) なんかガラ悪っとか思ったのですがw
20枚のレポートどうするんでしょうね?
どうしましょww
瀬羅さんの小説も読んでみたいです!


セイバーさま☆
こばわ~~~(*´Д`*)ノシ
珍しく現代ものですヽ(;・ー・)ノ はるか昔に過ぎ去った学園時代を思い出しながらwww 頑張ります
プロローグとのつながりも おいおいです(*'-')w


satoruさま☆
智明は、人付き合いが苦手なのかもです(*'-')w
印刷室ってありましたよね?w インク臭い部屋w
20枚のレポートは絶対大変ですね;
出されたら拒絶反応を起しますww


りるるさま☆
つまみぐいの多いルピですw(/ω\)
現代モノは苦手なのだけど、かけるかなぁって心配ですw
20枚のレポートは応援してあげてください
高校生には辛い試練w
マンガにできるリルたんのが絶対すごいにょ!!!!!
絵を描く練習してみたけど、3時間頑張ってもボツにしかならない;;
上達しない自分orz
やっぱ文字に専念しろってことかにゃw




by ルピナス (2009-08-26 19:00) 

TSO

プロローグ最後の言葉の意味は・・どう明かされていくのか楽しみです。
書きなれてらっしゃるから非常に読みやすいです。するっと入っていけます。それというのもこのところ自分の文章ばかり見てたもので・・
なにせ台本か台詞集のような殴り書きから小説化したものですから、台詞間の描写に非常に苦労したので、一種感激だったんです。

by TSO (2010-04-22 00:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。